出来る大人の名刺マナー

うまくいく名刺の渡し方

うまくいく名刺の渡し方、覚え方

名刺の渡し方一つでビジネスは大きく変化します。
一昔前よりも緩くなってきているとは言え、配慮に欠けた行為によってビジネスに悪影響を及ぼす可能性が高いのでできれば正しい方法を身に着けておきたいものです。
名刺の正しい渡し方として念頭に置いておくべき事は、常に下手に出るという点です。
渡す際には相手が出した高さよりも低い位置にてお渡しする事を意識し、相手との間にテーブルが存在している場合はテーブルが無い場所まで移動しましょう。
そして、お財布に入れて管理をしないという点にもしっかりと気を配り、必ず専用の入れ物を用意しておくべきです。
そのため、スーツのポケットなどに直接的に入れて持ち歩くというのは論外です。
こうした点からしっかりと専用のケースに収納しておけば気にする必要が無いのですが、折れ曲がっている名刺を渡すというのは絶対にやめましょう。
社会人としての生活が長くなると無意識のうちに行うことができる一つのビジネスマナーですが、社会人になりたての頃は一つ一つを意識しなければできないものです。
最も良くないのは名刺を持参することを忘却したり不足していることです。
そのため、一箇所ではなく複数の場所に用意しておくことが好ましいです。

個人で作成できる名刺の普及と企業努力

各家庭にパソコンやプリンターが普及したため、個人での名刺の作成が可能になりました。
また、名刺に必要なラベル用紙やプリンター会社、ソフトを開発するメーカーの努力により、ラベル用紙に合わせた無料のソフトやプログラムが開発されたり、豊富なテンプレートが無償公開されたりして、非常に作りやすくなりました。
名刺を作成するには、年賀状ソフトなどにも、印刷サイズが設定されている場合やデザインが取り揃えられていることがありますし、ラベル用紙のメーカーから作成専用に特化した無料ソフトが公開され、従来のダウンロードして、導入するタイプ以外に、近年ではブラウザでサイトに接続するだけで、自由に操作できるクラウドタイプのものも出てきました。
パソコンの性能など一定の基準を満たしていれば、面倒な導入作業をすることなく、すぐに作成ができます。
汎用型のワープロソフトを利用する場合も、サイズの型番を入力すれば、所定の印刷様式に合わせられ、余白などの設定をせずに印刷に取りかかれますし、手持ちのプリンター会社のサイトで、用紙ラベルのサイズに合わせ、背景や図柄が無償提供されていることもあります。
個人の趣味の会などで使える遊び心たっぷりのデザインから、改まった場で使える名刺のデザインも豊富に取り揃えられるようになりました。
ラベル用紙の厚みが適度にあり、丈夫なものも販売されるようになったため、外部に発注しなくても、充分仕事に使えるものも作成できるようになり、個人事業主やフリーランスの方にも支持されています。

Valuable information

美白化粧水
http://www.scitechsoft.com/skin/bihaku
からだ想い
http://caravelcms.org/sapuritype/kikko
ドッグフード 比較
http://www.navigenics.com/ranking
水道の修理
http://www.toilex9-kumamoto.com/
新宿 マッサージ
http://more-refresh2.com/
薪ストーブの設置
http://www.dutchwest.co.jp/
話題の水素風呂
https://suisoseikatsu.com/
大田区 廃品回収
http://www.meatball.co.jp/

Last update:2016/11/4