出来る大人の名刺マナー

ビジネス成功

名刺を使いこなしてビジネスを成功させよう

新しく人と出会ったときには、名刺を相手に渡します。
ビジネスでは、一般的なことですが、非常に重要な役割を持っています。
小さな企業の担当者なら、出会う人数も少ないのですが、大手企業の役職者などは、数百人と名刺の交換をしています。
そうすると、名刺の交換は当たり前の作業となり、ちょっと売り込みにいった営業程度では、印象に残らなくなってしまいます。
そこで記憶に残る印象を持ってもらえるように、工夫して作ってみましょう。
通常、白い紙に企業名、電話番号、住所、そして名前が入っています。
受け取った相手は、たくさんの名刺をファイルに閉じて保存します。
そこで白い紙ではなく、色のついた紙を使用します。
一枚だけ色がついていると目立ちますよね。
枠取りをしてみてもいいでしょう。
また、似顔絵やコメントを入れてみても印象が違います。
特技などを書いておいたり、好きなスポーツを書いておくと盛り上がるかもしれません。
最初に渡したときの印象で相手の心をつかみましょう。

当たり前のように名刺を持たされるようになった女性社員

営業は、男性がして、事務作業は女性が行うのが一般的でしたが、最近は女性の営業が増えてきました。
女性向けのコスメなどは、女性が営業に行ったほうが、相手の気持ちが分かるため、成約率が上がります。
今では、女性社員が名刺を持つのは、当たり前のようになっています。
女性のほうが、細やかな気遣いや心配りが出来るため、相手が安心して仕事を任せてくれたりします。
新しく仕事をする上では、自分の売り込みが大切になります。
そして、信用してもらうことが大切です。
名刺を渡すのなら、女性らしく可愛らしいデザインにすることで相手の印象をよくすることが出来ます。
話し方も柔らかいため、物の売り込みにならないような営業をすると興味を持って話を聞いてくれるでしょう。
商品知識をしっかりと身につけておくと、相手の質問に対してスムーズに答えることが出来ます。
売り込みたい相手よりも豊富な知識があると、どんどん質問をしたくなり、話がはずむようになります。

注目サイト

小田原で不動産を探す

Last update:2017/6/2