出来る大人の名刺マナー

名刺の利便性

名刺の利便性と持つことのすすめ

名刺の利便性の一つに、短時間で相手の方とのつながりを深めることができるところにあります。
ビジネスでは、定期会合とか、会が主催した交流会とか、研修会とか、見学会など様々な会合がありますし、外とのつながりでも、様々な人たちと出会う機会もあります。
何かの折に、ビジネスで結びつきそうな人との接触も数多くあります。
しかし、こうしたケースでは、大勢が中でということから、そういう人と接触しても、ゆっくりとお話しできなというのが現実です。
大勢の方が大勢の方とですから、自ずとお一人お一人との時間は短くなってしまうのです。
「あらためてゆっくりとお会いしですね」と声を出すのが精いっぱいというシーンも少なくありません。
そうしたときの有力な武器は名刺となります。
最近は、特にメールアドレスを記載するものが多く、いきなり電話というのは掛けにくいというようなときに、これ以上に力強い味方はありません。
お互い様ですが、「後日メールをお送りさせていただきます」でつなぎ、次にお会い機会を作るのには、またとないものであり、この利便性を意識し、常に名刺を持つことはビジネスでは欠かせないのです。

名刺の意味合いと作成のポイントについて

名刺交換というのは、ビジネスで当然のように繰り返されているため、意味合いについて熟考した事が無いという方は珍しくありません。
当然、意味がわからずに行っているよりは意味合いを理解している方がより良い作法になるため、今一度理解を深めてみると良いでしょう。
まず、名刺には自分という存在を正確かつ理解しやすく相手に伝えるという役目があります。
そのため、比較的珍しい名前であったり読み方がわかりにくいという場合はふりがなを記載しておくと心配りがあるように感じられます。
次に、これから行うビジネスを円滑にさせるという役目もあります。
面識が無い人々同士が会って新たな仕事をしていく時には当然何度も連絡を取る機会が出てきます。
しかし、同社内の人間同士ではないので連絡を取る際には苦労してしまうでしょう。
そこで、名刺という小さな限られたスペースの中に社名をはじめ役職や電話番号、勤務地やメールアドレスを盛り込んでおけばやり取りしたい時にすぐにコンタクトが取れます。

check

熊谷の学習塾を調べる
http://www.yell4u.co.jp/saitama/kumagaya

2016/12/7 更新