出来る大人の名刺マナー

日本の様式美

名刺は将来も残り続ける日本の様式美

日本のビジネスシーンと言えば、誰もがまずお互いが初対面での名刺交換の場面を連想します。
名刺は小さい紙でありながらも、応対した相手への最大限のアピールになる広告媒体です。
将来的に使われなくなるといった意見もありますが、自分の人脈を管理するために最適なツールだから、電子化が急速に進んでいる情報化社会であっても残り続けています。
日本の様式美の集大成となっている名刺は、渡した相手の印象に残るレイアウトにするだけでも効果的です。
特に、フリーランスにとっては新規顧客の開拓に欠かせないツールで、とりあえず担当者に名刺を渡せれば成功とも言えます。
自分の所属と連絡先がコンパクトに記載されている上に、デスクの引き出しを開けるだけで確認できるから、この仕事を外注に出そうかとした時に目にとまる可能性があります。
手順を守ることを美徳とする日本にとって、形式に則った挨拶をすることは将来も末永く残っていくビジネスマナーです。

名刺は手軽で強力な営業ツールです

名刺は単に自己紹介を行うもの、と考えている営業マンは少なくありません。
まずは顔と名前を憶えてもらうものというのが一般的でした。
そのため営業は足で稼ぐという言葉が有るように、顧客の所に頻繁に通い、その中で受注をとるといった方法が用いられてきました。
しかし現代社会では営業にも効率が求められます。
顧客も何度も営業マンと面会する時間を取ってはくれません。
その為、出来るだけ少ない面会時間で受注を勝ち取るというのが現代社会では営業マンに求められています。
その中で活用したいのが名刺です。
単に自らの自己紹介のツールとしてではなく、工夫次第で手軽で強力な営業ツールとして役立てることが可能になるのです。
例えば名刺に商品名を印刷したり、目を引くようなデザインで企業の広告宣伝を行ったりといったことは良く行われています、また、企業にブランドイメージを付加し、統一したデザインを行うなど各社多種多様な戦略で工夫を凝らしています。
工夫次第で名刺は強力な営業ツールにすることができるのです。

Favorite

Last update:2017/2/16